町探検で発見したことを伝えよう!(生活科) ー2年ー

2年生は、先週から庄川地域の町探検に出かけています。

昨日は、雄神・種田地区の町探検に出かけ、そこで発見したことや不思議に思ったことなどを伝え合いました。町探検では見付けられなかったものを友達から聞くことができ、新たな発見をした子供もいました。

来週は、青島地区の探検に出かけます。どんな発見があるか楽しみです。

探検で見付けた場所やもの、関わりのある人について伝え合いながら、庄川地域に親しみをもち、自分たちの地域を自慢できるようになってほしいと思います。

「ゆでる調理の仕方を知ろう」(家庭科) ―5年―

5年生の家庭科の時間に、砺波市学校給食センターの栄養教諭に来ていただきました。

家庭科での調理実習は、感染防止のためできませんが、この日はじゃがいもと小松菜のゆでる調理について学習しました。

「洗う」「ゆでる」「切る」といった調理の工程を実際に見せていただいた後、班ごとに、ゆでる前のじゃがいも・小松菜と、ゆでた後のじゃがいも・小松菜を比較しました。

子供たちは、手で触ったり、竹串で刺してかたさを調べたり、においを嗅いだりして、比較していました。「ゆでるとすごく小さくなるね」「ゆでる前のじゃがいもにはなかなか串が刺さらないね」「ゆでるとすごくおいしそうなにおいになるよ」など、子供たちは、ゆでることのよさを体感することができたようです。

今日学んだことを、宿泊学習での野外炊飯や、家庭での生活に生かしてほしいと思います。

クリーンセンターに行ってきたよ(社会科) -4年-

4年生の子供たちは、社会科「ごみはどこへ」の学習で「クリーンセンターとなみ」の見学に行ってきました。

クリーンセンターとなみでは、担当の方に施設について紹介していただき、説明DVDを視聴したり、施設内を見学したりしながら、ごみの処理の仕方や工夫について学習しました。「1日に数万トンのごみが出ること」や「燃えるごみの中に空き缶などが入っていると機械が詰まってしまうこと」など初めて知ったことが多く、子供たちは、大変驚いていました。

施設の方からの「燃えるごみと資源ごみをしっかりと分別してください」「環境を守るために、ごみは必ずごみ箱に捨ててください」というお願いに、子供たちは「はい!」と力強く返事をしました。

この後は、地域のごみを少しでも減らすために自分たちができることについて考えます。

つかって楽しい写真立て(図画工作科)ー3年ー

3年生の子供たちは、図画工作科の時間に「つかって楽しい写真立て」を作っています。

今日は、写真立ての飾りを作るために、紙粘土に絵の具を練り込んで色を着けました。

子供たちは紙粘土を練ったときの感触を楽しみながら活動に取り組みました。また、絵の具をしっかり練り込むときれいな一色の粘土に、途中で止めるとマーブル模様の粘土ができることに気付き、様々な色粘土を作りました。

 

自分のお気に入りの写真の中でどの写真を入れようか、子供たちは楽しみにしながら制作しています。

「せんせいとなかよし」(生活科) ー1年ー

1年生の子供たちは、学校にいる人と関わりを深めようと、「せんせいとなかよし」の学習に取り組んでいます。今日も、先生方に自分から声をかけて、名前や仕事、好きなもの等をインタビューしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休み時間になると「行ってきまーす。」と、うれしそうに教室を出て、「職員室に行くと、たくさんの先生がいるよ」「中庭には、花のお世話をしている先生がいるよ。」と友達同士で情報交換しながら、校内にいる先生に会いにいきました。新体力テストを 手伝ってくれた6年生と仲良くなって、一緒に活動している子供もいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の力で、まわりの人との関わりをどんどん広めていく1年生の姿に子供たちの成長を感じました。

 

担任以外の先生との学習(図画工作科)ー6年ー

6年2組の子供たちも担任以外の先生との学習に意欲的に取り組んでいます。

図画工作科「ゆらゆら、どきどき」では、どんな物が動くとおもしろいかを考え、揺れながら動くおもちゃを作りました。

子供たちは、自分の思いが表現できるように、紙粘土でいろいろなものを作ったり、おもちゃの背景を工夫したりしました。

色の塗り方もこれまで学習した技法を使って表現を工夫しました。

作品の完成が楽しみです。

担任以外の先生との学習(国語)ー6年ー

6年1組の子供たちは、担任以外の先生との学習にも意欲的に取り組んでいます。

国語科「たのしみは」では、日常の暮らしの中に楽しみや喜びを見いだして、「たのしみは」で始まり、「時」で結ぶ短歌を考えました。

「宿題を終えた後の一人の時間は楽しいんだよなあ」、「試合でいいプレーができたら楽しいよね」と自分の「たのしみ」を夢中になって探しました。

 

自分でつくった短歌を笑顔で友達に見せる子供もいました。

次の時間は、完成した短歌を毛筆で書き、紹介し合います。

「えのぐじま」を描こう!(図画工作科) ー2年ー

2年生の子供たちは、図画工作の学習が大好きです。

今日は、絵の具の色や筆使いを工夫しながら「えのぐじま(島)」を描きました。

子供たちは、「ダイヤモンド島を描きたいな」「ドラゴン島もいいな」「お金の島というのはどうだろう」など、どんな島にしようか想像を膨らませながら、筆を走らせました。

どんな「えのぐじま(島)」ができ上がるでしょうか、今から完成が楽しみです。

 

 

環境問題について考えよう(総合的な学習の時間) -4年-

庄川水力センターの方を招き、水力発電のしくみについて学びました。子供たちは、ダムで発電する仕組みについて模型を通して確認し、流れる水がタービンを回し電気がつく様子に驚いていました。

また、エネルギーを確保する上で、水力発電が地球環境にやさしい手段であることも学習し、SDGsとも関連づけながら、環境問題についても考えることができました。

最後に、地球温暖化の防止に向けた活動としてグリーンカーテンを作るために、パッションフルーツの苗を植えました。

この後は、一人一人が環境問題について調べたり、自分たちにできることを考えたりする学習を展開する予定です。

1 2 3 70